歯並びにもさまざまな種類があります

歯並びの乱れ方にもさまざまなタイプがあり、矯正歯科治療も歯並びの状態に合わせて適切な方法を選ぶことが大切です。ここでは乱れた歯並び(不正咬合)の具体例について豊田市の小児矯正・矯正が得意な歯医者「高木歯科」が解説していきます。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

遺伝・日常のクセなどが原因で上の歯列が前に飛び出している、いわゆる「出っ歯」の状態。上顎が極端に大きい・下顎が極端に小さいことで上顎前突になることもあります。

小児の矯正:
ダイナミック・アプライアンスなど
成人の矯正:
ミニインプラント、抜歯など

乱杭歯(らんぐいば)

乱杭歯(らんぐいば)

犬歯が飛び出していたり、隣り合う歯が重なり合ったりしている状態。いわゆる「八重歯」と言われるものも乱杭歯の一種です。食べかすが溜まりやすいので虫歯・歯周病にかかりやすくなります。

小児の矯正:
拡大床など
成人の矯正:
拡大床、ミニインプラント、スライス矯正、抜歯など

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合(はんたいこうごう)

下の歯列が前に飛び出している、いわゆる「受け口」と言われる状態。下顎が極端に大きい・上顎が極端に小さいことで反対咬合になることもあります。

小児の矯正:
フェイスマスク、マウスピース型装具の使用など
成人の矯正:
通常の矯正治療、ミニインプラント、外科手術など

交叉咬合(こうさこうごう)

交叉咬合(こうさこうごう)

日常のクセなどが原因で、上下の咬み合わせが左右にずれている状態。上の前歯と下の前歯の中心線が一致しません。

小児の矯正:
拡大床など
成人の矯正:
拡大床、外科手術など

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)

奥歯で咬んでも前歯が咬み合わず、すき間があいてしまう状態。日常的な舌のクセ、顎と歯の大きさのアンバランスなどが主な原因です。

小児の矯正:
バイトジャンピングアプライアンス、タングガードなど
成人の矯正:
セラミックブラケット、ラミネートベニアなど

すきっ歯

すきっ歯

歯と歯の間にすき間があいている状態。日常的な舌のクセ、顎と歯の大きさのアンバランスなどが主な原因です。

小児の矯正:
アクアシステムなど
成人の矯正:
アクアシステムなど

過蓋咬合(かがいこうごう)

過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯が下の歯に大きく被さった状態。下顎の動きを妨げるため、顎関節症になりやすい歯並びです。

小児の矯正:
拡大床など
成人の矯正:
通常の矯正治療など

歯並びのお悩みは「高木歯科」へご相談ください

豊田市の小児矯正・矯正が得意な歯医者「高木歯科」では矯正相談を行っています。「すべての歯科診療は咬むことにつながる」と考え、健康的で正しい咬み合わせを追求した矯正治療を行っています。歯並びのお悩みや矯正の種類について何でもご相談ください。矯正治療は、治療期間が長く、治療費は高いものなので、まずは治療前の矯正相談にお越しください。矯正治療についてはじっくりと相談していただいてからご検討ください。矯正相談はお電話または、メールフォームからご予約ください。

当院は、豊田市だけでなく刈谷市、知立市、安城市、岡崎市、みよし市、豊明市、名古屋市などからも多くの患者さまが矯正相談・矯正治療にお越しいただいています。

矯正治療の診療予約・ご相談はこちら 0565-51-4182