高木歯科の院長をご紹介します

院長 高木建治

院長 高木建治

「咬み合わせ」は、すべての治療に通じています。高木歯科では、「咬むこと」にスポットを当てた歯科診療が第一と考えています。咬み合わせが悪いと、片頭痛・肩こりなどを引き起こしたり、ときには全身に悪影響を及ぼしたりすることをご存知でしょうか。そのため、どのような治療を行うにしても、まずは咬み合わせの確認をすることが重要なのです。

また、当院では「削る」「抜く」といった旧来の治療方法をなるべく避け、少しでも「歯を残す」ことを念頭に置いて治療を実施しています。また、虫歯や歯周病にかからないための「予防」にも力を注いでおります。さらにホワイトニングや矯正歯科では、当院独自の治療方法を導入し皆様の口腔内の健康美をサポートしています。

高木歯科のコンセプトは、きちっと咬める歯をプロデュースすること。当院スタッフ全員が予防に力を入れつつ、咬み合わせ治療を中心とした歯科診療を心掛けています。

豊田市だけでなく、刈谷市・知立市・安城市・岡崎市・みよし市・豊明市・名古屋市の患者様もホワイトニングや矯正治療、歯周病治療のために来院されています。お電話またはメールにてご予約ください。

略歴
1987年 愛知学院大学歯学部 卒業
1989年 みやじま歯科医院 勤務
宮島邦彰教授より、矯正治療Tip-Edgeテクニックの手ほどきを受ける
※宮島邦彰教授について:
前 米国セントルイス大学矯正科 臨床教授
現 同大学矯正科 客員教授
現 米国ハーバード大学歯学部大学院 教授
1991年 名古屋市中区栄にて開業
1993年 米国シカゴにて、Dr.Peter C.Keslinge及びDr.Christopher K.Keslingeらのグループの矯正治療コースTIP-EDGE COURSE受講
※Dr.Peter C.Keslingeについて:Tip-Edgeテクニックの考案者
※Dr.Christopher K.Keslingeについて:Tip-EdgePLUSテクニックの考案者
2005年 高木歯科 開業
2007年 韓国テグにて、慶北大学Kyung教授の矯正治療マイクロインプラントのセミナー受講
※Kyung教授について:マイクロインプラントの世界的リーダー
2009年 韓国ソウルにて、Dr.Bo-Hoon Jooの矯正治療DJリトラクターのセミナー受講
※Dr.Bo-Hoon Jooについて:DJリトラクターの考案者
現在も宮島教授に師事
所属団体
  • 日本全身咬合学会 会員
  • 日本ティップエッジ矯正研究会 会員
  • 日本歯科審美学会 会員
  • 日本歯周病学会 会員
  • 日本小児歯科学会 会員
院長のプライベート

「歯医者」というと一般的に固いイメージを持たれがちですが、私、高木は(意外と?)かわいい趣味を持っています。

私の趣味は「園芸」と「愛犬とのドライブ」。

園芸では、「デザートピース」というカラフルなバラに心惹かれ、その栽培にはまっています。過去には、栽培が難しいとされている青いバラの開花にも成功したことがあります。前の年の剪定(せんてい)が上手くいったようで、2011年5月には青いバラを4輪も咲かせました。開花時期には医院の前にも置いてありますので、ぜひご覧になってください。多くの患者様から「珍しい」とお言葉をいただいています。

もう一つの趣味である愛犬とのドライブですが、休日になるとよく愛犬を助手席に乗せて出かけています。さらに付け加える趣味としては、昼寝があります。愛用しているアイマスクと耳栓は手放せません。

私の趣味にご興味を持たれた方は、診療中に声をかけてもらえると嬉しいです。

矯正治療の診療予約・ご相談はこちら 0565-51-4182