将来の子どもために

将来の子どもために

豊田市西岡町の小児矯正・矯正歯科が得意な歯医者「高木歯科」では、歯や顎への負担が少なくてすむ早い時期からの小児矯正をおすすめしています。子どものころから矯正することで歯を抜くことなく成長に合わせて治療することができ、その分お子さまへの負担を軽減することができます。

歯並びが悪いと口元がコンプレックスになり、人前に出るのが苦手になったり精神的に影響を及ぼすだけでなく、磨き残しなどで虫歯になりやすくなったりします。

お子さまの将来のためにも早いうちからの歯列矯正をおすすめします。

「高木歯科」では小児矯正をご希望の方に、ブラケット、ワイヤーを歯につけない
ビムラー矯正」や「ムーシールド」をおすすめしています。

小児矯正とは

小児矯正は、永久歯がきれいに並ぶスペースを確保してから理想の位置に歯を並べるため、乳歯が生えている時期から治療をスタートします。そうすることによって、成長する力を利用して顎のずれを改善したり、顎を広げて将来の永久歯がきれいに生えそろうスペースをつくったりすることができるのです。

現代の子どもの歯並び
現代では食文化の変化から、よく咬まなくても食べられる軟らかい加工食品やレトルト食品が多く普及しています。またファストフードやインスタント食品などもとても身近なものになりました。このような食文化の変化が、若い人たちの顎を急激に細長く虚弱にしている原因のひとつと考えられています。顎が小さい分歯が並ぶスペースも足りなくなり、歯並びの乱れを引き起こしているというわけです。

歯並びの種類についてはこちら

小児矯正のメリット・デメリット

小児矯正のメリット

小児矯正は治療を終えるまでに長期間を要します。しかし、お子さまへの負担が少ない、後戻りしづらい、永久歯が生えそろった後も良い状態が保ちやすいという大きなメリットがあります。

小児矯正のメリット
  • 仕上がりがきれい
  • 顎のずれや曲がりの程度が減る
  • 治療後は磨き残しが減り、虫歯や歯周病の予防になる
  • 抜歯の可能性が減る
  • 歯や顎への負担を減らすことができる
  • 口元のコンプレックスが解消される
小児矯正のデメリット

小児矯正は大きなメリットはありますが、デメリットもあります。お子さんと相談した上で治療を決めましょう。

小児矯正のデメリット
  • 矯正治療中に虫歯になりやすい
  • 治療期間が長くなることが多い

小児矯正の2段階治療

小児矯正では成長に合わせ2段階に分けて治療を行います。1期治療(骨格矯正)では顎の骨の成長を利用して歯が並ぶスペースを広げ、前歯などを整えます。2期治療(歯列矯正)では永久歯を移動して奥から全体の歯並びをきれいに整えます。

小児矯正の2段階治療

子どもの歯並びが悪くなる癖

お子さまによく見られる癖が咬み合わせや歯並びに影響してきます。見つけたら早めに治してあげましょう。

  • 指しゃぶりで出っ歯になる
  • 口呼吸で出っ歯になる
  • 下唇を咬む癖で出っ歯になる
  • 舌を出す癖で開咬になる
  • 物を咬む癖があると前歯がずれる
  • 硬いものを咬まないとデコボコになる
  • 頬杖を付いていると噛み合わせが悪くなる

子どもの歯並びが悪くなる癖

小児矯正なら「高木歯科」

豊田市の小児矯正・矯正が得意な歯医者「高木歯科」では健康的で正しい咬み合わせを追求した小児矯正を行っています。歯医者が苦手なお子さまにも楽しんで来てもらえるように待合室におもちゃをたくさんご用意しています。小児矯正のお悩みは、まずはお気軽にご相談ください。治療に進むかどうかは、ご相談の後ご検討ください。

高木歯科の小児矯正は、豊田市だけでなく刈谷市、知立市、安城市、岡崎市、みよし市、豊明市、名古屋市などからも患者様にお越しいただいています。

矯正治療の診療予約・ご相談はこちら 0565-51-4182